上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんわん、でるです。

お正月も終わりようやく通常営業に戻りましたが、いまだ休みボケで中々本調子にもどりません。1月は私も多忙を極めそうなので、MHFは全開ではいけそうにありません。

さて今夜はメゼポルタにの片隅に転がる遺物にスポット当てていきましょう。

題名にある「考現学」とは現代の社会現象を場所・時間を定めて組織的に調査・研究し、世相や風俗を分析・解説しようとする学問のことで、今和次郎氏が提唱した学問と言われています。学問と言っても堅苦しい学問ではないので、気軽に誰でも考察することができます。

考現学より派生した学問はいくつかありますがその中の一つに「路上観察学」があります。ようは街をふらつき珍物、奇物の探索を楽しむ趣向で、NHKで放送された番組「ぶらタモリ」のコンセプトは路上観察学の延長線上にあるものです。路上観察学は俗的な事象や、抒情的なものも大きな要素になります。

路上観察学の代表的なテーマの一つに「トマソン」の探索があります。トマソンとは本来の存在意義を失ったにもかかわらずその場所に存在し続ける遺物のことです。例を挙げると、すでに上の階が存在しないにも関わらず設置され続け、単に階段の上り下りだけを強要する階段「純粋階段」など独特な愛称で呼ばれています。

メゼポルタにも本来の用途が失われたにもかかわらずそこに存在するトマソン的遺物がいくつか存在します。今日はそれらを考察しましょう。

唄収集家
かつて歌姫へ「魂を宿す唄」「精霊ヘ歌う唄」「生命に捧ぐ唄」「始まりの唄」をリクエストすることにより竜頭琴という弓が貰えました、歌姫リストラにより無理矢理配置された謎の収集家。今更竜頭琴を使う方はいないでしょうが、かつては唯一無二の水貫通弓でした。この人の存在意義はもはや失われていると言っても過言ではありません。

歌姫の歌は私もすっごく思い出があるので期間限定でいいので復活してほしいですね。ラスタ酒場なんてうってつけなんだけどねぇ。

歌収集家


家具屋
今でもハンター装備に欠かすことの出来ない「剛力珠」それを独占的に斡旋していたヒドイ人ですw しかも不必要な家具を売りつけ、あまつさえ大会後は全て没収という恐るべき悪徳業者でした。今は家具屋クエで剛力珠は容易に入手出来ますので、家具大会をやる人は皆無でしょう。広場で武器を抜刀できたらまっさきに切りつけたい人ですねハイ。

家具屋


大闘技場のアレ
大闘技場の真ん中にあるアレ、皆さんご存知ですか?きっとなにコレ?って思われる方もいるでしょう。あの構造物はペット同伴の闘技大会でのみ使える竜撃槍なんですね、見たことない人も多いでしょう。ペット闘技の存在すら忘れられている今日、まさにトマソンの代表格と言っても過言ではないでしょう~。

大闘技


アイテム編
秘境セット・祖龍の書
これこそDOS時代の遺物の最たるもの!これがないと秘境に行けませんでしたね、祖龍に会うのは書が必要でした。もはや何の意味ももたないアイテムと思っていたら「オープンセサミ」受注には秘境セットが必要みたいです。まあ今となってはこの二つのアイテムは思い出のカケラとしか存在価値がないかもしれません。

祖龍の書


☆おまけ☆
新世代トマソン編
最近実装したにもかかわらず、やることに全く意味を見いだせない、生まれながらにしてトマソン。

秘伝教官R
実装直後に産廃になったかわいそうな人。この人のミッションをこなしてもな~んも見返りは有りません。運営さんどーしてこうなった?

狩猟技コンテンツ
試験運用の時点で破綻していたコンテンツ。実装してもテコ入れされることもなくこのコンテンツを開発担当した人は恐らく大きなお叱りを受けたことでしょう。もうちょっと構想を練ってから出直して下さいねw


どうでした?「ああ、そんなのあったね~」なんて思って貰えたらしてやったり。恐らくメゼポルタにはまだまだトマソン的遺物が隠れているでしょう、皆さんもお探しになってはいかがでしょうか?

私は路上観察を現実世界でも趣味のひとつにしています。普段良く歩く街ももちろんですが、初めて行った町はドキドキワクワクです♪ 皆さんも自分の街を普段と違う角度から見ることにより、新しい発見があるかもですよ? きっと小さな発見がささやかな幸せを運んでくれることでしょう♪ 

それでは今夜はこれにて~
スポンサーサイト

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
copyright © 漁師の町にカモメが唄う♪ all rights reserved.
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。