上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆さんこんにちは、でるです。

MHFGの詳細発表から先行テストを経て修正意見が多数上がっているようですね、内容は苦情、意見など様々なようです。実装するまで今しばらくありますのでバランスの良い仕上がりを期待したいですね~。

さて今日は趣向をかえて普段から目にしているMHF内の植物にスポットを当ててみようかと思います。ゲーム内の植物は実際に存在する植物がモデルになっている場合が多いようで、製作者もいろいろな資料をもとにモデリングしていることが伺えます。ゲーム内のグラフィックは資料を参考にして描かれたものなのか大体~の一種までしか表現されていません、しかし中には種類まで特定できるまたは推察できるものもあります。今回は私のわかる範囲でご紹介していきたいと思います。

タイトルにあるflora(フロラ)とは植物相という意味です。簡単に言えばそこにある植物種の総体を意味します。ちなみに動物にはfauna(ファウナ)動物相という言葉を用います。

それから文中には学名表記がしばしば出ます。学名とはその種の正式名称でいわば本名です。学名は現在二名法という方法がとられていて、まあ簡単に言う苗字と名前みたいなもんです。たとえば皆さんを花粉で悩ませているスギの学名はCryptomeria japonicaと言います。前半のCryptomeria は属名、 後半のjaponica 種小名を表します。~sp.と表記されているものは~の一種という意味です。 まあ小難しい話はこれぐらいにしてそろそろ本編に入りましょうかね。


【熱帯編】 熱帯のジャングルのような場所に生育する植物たちです。

●バショウ科ゴクラクチョウ属の一種(Strelitzia sp.)

大きく開いた葉はまるでうちわのようですね、芭蕉の名は伊達ではありません。日本では極楽鳥花としてたま~に花屋さんで売られていたりします。観賞植物として栽培する人もいるようですがと~っても大きくなるのでそれなりの覚悟が要りますね。その変わった花は一度見たら忘れられない鳥のような形をしています。

01ストレリチア


●チャセンシダ科タニワタリ属の一種(Asplenium sp.)

草のように見えますがこれはシダの一種です。日本国内にもオオタニワタリという種類が自生しているので目にしたことのある人も多いかもしれません。独特な形をしているので観賞用に育てる人もいるみたいですよ。

02タニワタリ


●サトイモ科クワズイモ属の一種(Alocasia sp.)

これも観葉植物としてよく見かける植物のひとつですね。大きな葉っぱはとても特徴的で部屋にあったら南国気分が演出できます♪ なまえの通りイモが付きますが食べると中毒を起こして大変なことになるそうで、毒草の一つになっているようです。

03クワズイモ


●ラレレシア科ラフレシア(Rafflesia arnoldii)

これは有名ですね♪ 単体の花では世界一大きい花とされています。死臭や腐敗臭のような臭いを出しハエの仲間を受粉のために呼び寄せます。寄生植物で花が咲くまで2年もかかるそうですが、花は3日しかもたないので実物を目にするのは非常に難しいそうです。ハンター達はその悪臭をものともせず採取にいそしんでいますが、貴重な花を目にしているのですよぉ。

04ラフレシア


●サトイモ科スマトラオオコンニャク(Amorphophallus titanum)

前期のラフレシアよりさらに巨大で臭い花、しかも7年に一度しか咲かないといことでレア度はこちらのほうが数段上のようです。あれっ?さっきラフレシアは世界最大の花っていってたよね?と言われそうですが、ラフレシアは花単体で世界最大なのです、こちらの花は小さい花の集合体で花びらのように見える部分は仏炎苞と呼ばれる器官で正確には花ではないのです。余談になりますがこのコンニャクの仲間の属名(Amorphophallus)はちょっと変わった意味から付けられています、興味のある方は調べてみてくださいねw。

05オオコンニャク


●モウセンゴケ科ハエトリソウ属の一種(Dionaea sp.)

これも有名な草ですね。ハエジゴク、ハエトリソウなんかと呼ばれる食虫植物の一種です。有名ですが分布は北アメリカ東海岸部のごく一部にしかない非常に希少な植物です。ゲーム内の姿は人の膝ぐらいありますが、実際はもっと小さい植物です。その面白い形態からこれも園芸店でしばしば売っているのを見かけますね。

06ハエトリソウ


●ヒルギ科の一種(Rhizophoraceae sp.)

熱帯~亜熱帯の河口汽水域の塩性湿地に成立する樹林、一般的に日本ではマングローブと呼ばれています。日本では奄美大島あたりが北限とされ、オヒルギ、メヒルギなどを見ることが出来ます。こちらにお住いの方は非常に身近に感じる樹林ではないでしょうか?

18マングローブ



【温帯編】 温暖な地域に分布する種類です、日本も温帯ですので身近に感じる種類も多いでしょう~。

●スイレン科スイレン属(Nymphaea sp.)

これはとても身近な植物ですね、ため池や公園の池なんかでよく見かけることが出来ます。公園なんかにある種類は大体品種改良された園芸種なんですが、国内にもヒツジグサという自生種があります。

07スイレン


●スイレン科オニバス(Euryale ferox)
上記のスイレンの仲間ですがこちらは日本国内に自生し現在では新潟ぐらいまで自生があるようです。その大きさから人間の子供が乗っても大丈夫ぐらいです、山菜じいさんぐらいなら余裕で耐えられるでしょうが、ハンターが一緒に乗ったら大変なことになるかもしれませんw オニバスは現在国内では環境の変化からその数が非常に減って希少種とされています。

09オニバス


●ハス科ハス(Nelumbo nucifera)

こちらも有名ですね。日本では非常にメジャーですが原産国はインドです。インドといえば仏教発祥の地ですが、ハスも仏教伝来とともに日本にやってきました。仏教では泥の中から美しい花を咲かせるその姿が仏の智慧や慈悲を象徴するとされ、仏像が片手にその葉をもている姿がたびたび見られます。

08ハス


●ナス科ホオズキ属ホオズキ(Physalis alkekengi)

見てのとおりホオズキですね~。ドライフラワーなんかで飾るかたも多いです。ゲームないではなぜかホオズキではなく古代豆とか豆類が採取できちゃうのはなんででしょうかね~?

13ホオズキ


●サルノコシカケ科の一種(Polyporaceae sp.)

サルノコシカケの名前はその姿から想像するに難しくないですよね、山を歩いているとたまに見かけることがあります。サルノコシカケ科の中には多数の属が含まれゲーム内の種類はどれをモデルにしているかいまいちわかりませんでした…。 現実にこれほど大きいものを見かけることはないですがあるんでしょうかね~?

12コシカケ


●サルオガセ科サルオガセ属の一種(Usnea sp.)

これは地衣類というものに分類されるものです。地衣類は正確には菌類に分類され植物ではありません。しかし形態的には植物に似てますので植物の一種と思っているかたも多いでしょう。日本でも霧の多い山間部なんかで見られます。その雰囲気はなにか神秘的な感じがするのは気のせいでしょうかね~。

06サルオガセ


●ウマノスズクサ科カンアオイ属の一種(Asarum sp.)

これはいまいちモデルが特定出来きず、状況と雰囲気からこれと断定しました。
有名な葵のご紋のモチーフになっているのはこの仲間の植物です。園芸的に栽培する人も多いとかで古典園芸という部類にはいるとか、珍しい個体は珍重されているみたいですよ。ゲームないでも割かしレアな素材が採取できますね、雪山であるんですがあんな雪の中で生えているイメージではないんですよね~。

14カンアオイ


●スギ科ヌマスギ属ラクウショウ(Taxodium distichum)

北アメリカ原産の湿地に適応したスギの仲間です。日本でも植栽されている場所があるようですがその姿を国内で見るのは難しいです。沼地に生育するのでヌマスギと呼ばれています、そのイメージはゲーム内でも見てとることが出来ますね~。

09ラクウショウ


●ヒノキ科セコイアデンドロン属セコイアデンドロン(Sequoiadendron giganteum)

英語の教科書なんかでも紹介されていることがあるのでこれも有名ではないでしょうか?北アメリカに分布し世界一大きい体積を誇る巨大な樹木です。ゲーム内でも樹海の巨樹として登場していますね。その高さは100m近くになるそうで巨大な高層ビルに匹敵します、自然の偉大さを感じずにはいられない存在ですね~。

16セコイア


【砂漠乾燥地帯編】 砂漠や火山噴火跡地など水分が乏しい地域に特化した植物です、その姿は独特な形状をしているものが多いです。

●ウィルウィッチア科ウィルウィッチア属ウィルウィッチア(Welwitschia mirabilis)

ゲーム内では砂漠に転がるコンブみたいなあれですよ。実はあれは植物学的には極めて珍しい1科1属1種の裸子植物なのです。非常に希少で珍しい植物で日本では奇想天外という名前が付けられています。アフリカ西海岸ナミブ砂漠にしか分布せず非常に長命で寿命は1000年以上と言われており、生涯葉は2枚しか付けずその二枚の葉が伸び続け裂けてあのような形態になるのです。その砂漠に適応した生態はとても興味深いです。日本国内では京都植物園で栽培されているそうなので一度是非この目で見たみたい植物です。

10ウィルウィッチア


●キク科Argyroxiphium属の一種(Argyroxiphium sp.)

ハワイの噴火跡地やヒマラヤの高地に分布する希少な植物です。日本ではその姿から銀剣草と呼ばれています。火山噴火跡地や高地など他の植物が生育できない特殊な地域に特化した植物で、一回花が咲くとその個体のそこで生涯を終えてしまいます、これは環境の変化が厳しい地域に特化した生態といえるのではないでしょうか。ゲーム内ではなぜか樹海に分布しています、これは大きな間違いで資料をよく読まないで配置したとしか思えません。もしかしたら違うモデルがあるかもしれないので知っている方がいましたらご一報を~。

11銀剣草


非常にながくなってしまいましたがそれなりに読み応えのある記事として書いたつもりなので最後まで読んでいただけたら幸いです。ゲーム内には私もモデルが良くわからない植物達がたくさんあるので解りましたらご紹介していこうと思っています。


私たちの身の回りには路上の雑草から観葉植物、普段口にしている野菜などすべてに名前がついています。皆さんの身の回りの植物達もすべて名前をもっているので調べるとさらに理解を深め楽しむことが出来ます。ぜひ名前のよくわからない植物があったら調べてあげてくださいね♪

それでは今日はこの辺にて~
スポンサーサイト

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
copyright © 漁師の町にカモメが唄う♪ all rights reserved.
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。